MENU

金やプラチナの買取行っています

金(ゴールド)やプラチナの買取を検討している方は、ぜひ買取専門店の大吉白石栄通店にお任せください。

純金やインゴットから装飾されたブレスレット・ネックレスはもちろん、さまざまな金や各種プラチナまで買取可能です!

売却までの手順や、買取価格なども含めてお電話やお問い合わせフォームにご連絡ください。

札幌高価買取 大吉白石栄通店
金・プラチナの買取についてご質問やご要望など気軽にご相談くださいませ

※何でも構いません。ご質問いただければ迅速に対応致します。

discount2.png

フリーダイヤル→0120-867-928お気軽にお問い合わせください!

もしフリーダイヤルが使えない場合は
011-867-9286までお電話ください。
※電話番号をタップすると発信します


類似品としてダイヤモンドや宝石は別ページに詳細を説明しています。

買取品や買取情報など別途ご紹介しています。

下記ぺージからご参照ください。

 

金以外の宝石や貴金属はこちらのページに掲載

⇒ 札幌で宝石・貴金属の高価買取実施中!

 

ダイヤモンドの買取情報はこちらから

⇒ 札幌でダイヤモンドの高価買取実施中です!

金やプラチナを売ろうと思った時にこんな事考えませんか?

 

gold1.jpg

 

どこに売却しようか迷っている
安い価格で騙されないか心配している
価格相場が解らなく売却には不安がある
買い取ってもらった経験がなくどうやって売ったら良いか解らない

金やプラチナはやはり高額なお品が多く、日常品の売却よりも慎重になる事が多いのも事実です。

中には買取価格を安い金額で買い取ったり、「偽物ですね」と売却者にウソを言う悪い業者も少なからず存在するのが現状。

やはり高額なお品になるほど、安心して売却したいものです。

 

しかし大吉札幌白石栄通店なら大丈夫です!

 

大吉は277店舗以上の全国チェーン

取専門店として全国展開している国内大手として実績とブランドがあります。


当然、買い叩く事はなく「適正価格」で買取させていただいております。

ですので安心して買取完了までのお取引が可能です。

 

 

買取実績の豊富さ

大吉では買取専門として累計4万件以上の買取実績があります。

 

そして金やプラチナの買取実績も豊富です。

実績数が多いという事は、買取金額の提示や完了までの流れなども大手ならではの安心感があると自負しています。

しっかりと大切なお品を扱わせていただきます。

 

札幌高価買取 大吉白石栄通店 店長佐藤
店長 佐藤史章

買取専門店 大吉 白石栄通店 店長 佐藤です

 

私たちは「あなたの商品に新たな出会いを!」という理念で買取をさせていただいております。

 

金やプラチナは高額になる事もあり慎重になると思います。

「買い叩かれないだろうか?」「騙されないだろうか?」「買取金額は適切なんだろうか?」

特にブレスレットやイヤリングやネックレス、外国コインなどの金やプラチナ入りの装飾品の買取時には悩まれると思います。

 

インゴットや小判などの金塊など高額になりそうなお品の場合は、顕著になると思います。

 

また「どうやって売ったら良い?」「手続きはどうしたら良い?」「何か書類が必要?」

など買取手続きや流れなども経験がなくても経験豊富な私にお任せください!

金・プラチナの買取についてご質問やご要望など気軽にご相談くださいませ

※何でも構いません。ご質問いただければ迅速に対応致します。

discount2.png

フリーダイヤル→0120-867-928お気軽にお問い合わせください!

もしフリーダイヤルが使えない場合は
011-867-9286までお電話ください。
※電話番号をタップすると発信します


査定額アップするポイント

 

gold2.jpg

 

金はどこで売っても同じだからと、何も下調べなしにお店に行くことはおすすめしません。
やはり資産価値のある物なので、安心できるお店でお売りいただくことが最大のポイントです。


中には法外なまでの買取手数料を取る買い取り業者も稀ながらあります。
また購入した際にサイズ直しのために余った分のパーツやチェーンが無いか再度チェックしてからお越しください。
装飾品はきれいに磨き、箱があれば箱もお持ちいただければ幸いです。


金はお売りできますが、書類が必要になる場合もあります。
そのため必要な書類も揃えておくのも、正確な査定額を出してもらうためのポイントになります。

 

金やプラチナの売買時に知っておくこと

 

suyrui.jpg

 

金・プラチナを売る際は、いくつか注意点があります。

 

本人確認

 

金の売買には必ず身分証明書が必要で、これは古物営業法によって決められています。

店によって違いがある、というものではなくどのお店に行っても法律で決められている決まりになります。

 

また金の値段が200万円を超える場合は、犯罪による収益の移転防止に関する法律、にもとづく本人確認がさらに必要です。

簡単に言えば金塊の闇取引などのように、犯罪防止のために厳重な本人確認が必要になります。
一般的にはマイナンバーの確認書類(原本)が使われています。


金を売る際に使える身分証明書は複数あります。
運転免許証をはじめパスポートや住民基本台帳カード、マイナンバーなどです。

 

金の相場について

金はいつも同じ値段ではなく、政治や経済の流れによって変動しています。
世界様々な市場で取引されており、日本では東京工業取引所で取引が行われています。


単位はgではなく、トロイオンスという単位が使用されており、1トロイオンスは31.1035gになります。
毎日金の値段は変動し、単位も素人では計算がしにくくなっています。

 

そのため売り時を自分で見極めるのは難しい事です。

売りたい物に、金がどの程度含まれているかを知ることも素人ではほとんどできませんので、売りたいなと思った時が売り時だと思ってください。
店では正確に金をはかりますので、ご安心ください。

 

割金について

割り金とは18金だと75%の純金が含まれており、あとの25%の混合物の銅や銀のことを指します。
金は柔らかいため、そのまま使うとすぐに変形します。


それを防ぐために強度を増加させて色々な物に利用しています。


割金の比率によって、ホワイトゴールドになったりピンクゴールドになったりしますが、中古買取では全て18金として扱います。
色が違うからと値段に差が出ることはありません。

 

買取できない場合

 

まず法定金貨は買取不可になります


法定金貨とはいわゆる国が認めた現在も使える金貨のことです。
世界各国にある外国コインも含まれます。
そのまま売るのであれば良いですが、使用できる金貨を再精錬のために鋳潰するとお金を壊していることになり法律違反になります。

 

当店では法定金貨については買取不可とさせて頂いております。

 

次に工業用製品に使われている金です

工業用製品の金とは工場で使うようなプリント基板やワイヤーなどを指します。
買い取るお店もあるでしょうが、買取不可の場合が多い店も多く当店でも買取不可になるケースが多いです。


ただし工業用製品と言っても色々な種類がありますので、まずは相談を行ってからご返答します。

また危険物とみなされるものの買取も行っておりません。


例えばライターや刃物などが相当します。
その一部分に金が使われていたりしますが、いずれも危険性があると認めた場合は買取不可となります。
ただ判断がつかないものもるでしょうから、一度査定か問い合わせでご相談頂けると助かります。

 

さらに金メッキ品がありますが、もちろん金メッキを買い取る業者も多くあります。
ただし金張り製品の金は非常に微量で、かつ効率よく金を抽出できないため断られるケースもあります。


当店でも金メッキ品の買取は不可になることが多いでしょう。
製品そのものに価値がある場合は別途ご相談ください。

 

もちろん金メッキをはじめ金は含まれているが、金を取り出せないような装飾品や製品はお断りする可能性があります。
ただそれを一般の方が判断するのは難しいと思われますので、一度お越しいただければ査定させて頂きます。
どんな小さなものでもご相談には応じますので、お待ちしております。

 

金・プラチナの基本的な情報

 

gold3.jpg

 

金はお金と同じ資産だと言われていますので、あらゆる金の査定が可能です。
種類がたくさんあるため、お売りいただく方も金の基本的な知識を持っておくと良いでしょう。

 

18金(18K)

金のグレードを示したものを、○○金もしくは○○Kと表記します。
18金とは、金の純度が75%のものを言います。


他の25%は混合物で、金の中でも高い純度ながら加工がしやすいため、貴金属やアクセサリーにしやすいのです。
またカラーバリエーションが豊富で、ライターやスマホなどの小物類にも使用されます。

 

20金(20K)

婚約指輪や結婚指輪などにもよく使用されているのが、20金です。
また20金でよく使用されているのが金歯で、実は金歯も中古買取しているところもあります。


今はセラミックや銀ですが、金歯の方もいますね。
20金は金の純度が83.5%のものを言い、他の混合物が16.5%ということになります。

 

22金(22K)とは

あまり聞くことはない金の純度ですが、22金もアクセサリーやジュエリーに使用されています。
22金は金の純度が91.7%で混合物が8.3%のものを呼んでいます。


純金に近いため、ゴールドの輝きや色調が好きな方に選ばれている金です。
ただ柔らかめなので、傷がつきやすいという特徴があります。

 

24金(24K)とは

24金は18金と同様に、貴金属が好きな方ならよく耳にする数字の金でしょう。
24金は純度99.99%から100%の金のグレードのことで、腐敗や変色することなく半永久的に輝き続けます。


純金は柔らかいため、あまりジュエリー向きではなく資産として持つのが基本です。
ただ他の金より高価買取になります。

 

ホワイトゴールドとは

時計やアクセサリーで人気を集めているのがホワイトゴールド。


ホワイトゴールドとは例えば18金なら25%の混合物が含まれていますが、その混合物に銀とパラジウムの白い金属を配合したたものを言います。


さらに白く見えるようにするために、ロジウムを表面加工しているホワイトゴールドが多くあります

 

ピンクゴールドとは

18金を作る時に、使う混合物は基本的に銅(12.5%)と銀(12.5%)になります。
そのうち銅の割合を17.5%に増やして、銅の持つ赤っぽい色味を増やしたものをピンクゴールドと言います。


女性らしさを演出できますし、また銅は強いので18金の中でもピンクゴールドは一番丈夫な金と言えます。

 

イエローゴールドとは

イエローゴールドは、見た目は金とあまり変わりませんが、18金よりもさらに黄色味を強く感じる色合いです。


混合物は銀と銅ですが、銀と銅の割合が3対2のもので、銀を少し増やすと赤みが抑えられイエローゴールドになります。
また同じイエローゴールドでも少し比率を変えるだけで、色の見え方が変わってきます。

 

プラチナとは

プラチナh腐敗や酸化しない素材のため希少価値が高く、貴金属などによく使用されています。
別名白金とも呼ばれており、プラチナも純プラチナは柔らかいので他の混合物を混ぜてアクセサリーにしています。


純度はPT900やPT950などと示され、5%~10%の混合物が含まれています。

金・プラチナの種類について

 

gold4.jpg

 

中古買取させて頂ける金は何かに含まれている金でも取り出せるので可能なのです。
例えばどんな金があるのか、査定を考えている方は参考にして下さい。

 

インゴッド

インゴッドとは金地金と言い、いわゆるテレビなどでみかけるゴールドバーの金塊のことです。
インゴッドには表面に文字や数字の刻印がされていますが、あれはロンドンの金品質を保証する審査機関に通ったという証でもあります。
資産として保管しやすいように棒状の形ですが、業界でも中古買取しやすい金です。

 

スクラップ

製鉄所で出たごみというイメージがありますが、中に金が含まれていれば中古買取できます。
また金スクラップとは傷や状態が悪いインゴッド、彫刻なしや切れたチェーンネックレスなどのことを指します


ただスクラップも売れるものと売れない物がありますので、いつでも出張買取のご相談をお待ちしています。

 

外国コイン

外国コインには2種類あり、純金製コインで金の資産価値があるものが地金型金貨で、カナダのメイプルリーフ金貨やオーストリアのウィーン金貨が有名です。


またコレクションとして希少性が高いコインを収集型金貨と呼び、アメリカのウルトラハイリリーフ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨などがあります。

 

大判・小判

家の古い蔵を掃除していて、千両箱に大判・小判が出てきたという場合は一度査定にお越しください。
大判はいわゆる日本古来のインゴッドのようなもので、贈答品の役割をしていました。


小判は貨幣で、14金から18金と金の純度にも差があります。
中には金の価値以外にも、骨とう品の値がつくこともあります。

 

金印

金印を普段から持っているというご家庭は少ないでしょう。
金印は金で作った印章のことで、昔に王族や肯定が印綬される際に使われていたものです。


レプリカも出回っているのであまり見かけることはありません。
もし家に一部分だけでも金を使った金印のようなものがある場合は、一度査定にお越しください。

 

ブレスレット・ネックレス

金の査定の中でも非常に多いのがブレスレットやネックレス、イヤリングなどの金属品です。

例えばチェーンが切れて使えなくなっている物でも、金の価値自体が落ちるわけではありません。


そのため、使わない古い金や使えないブレスレットやネックレスがあれば、意外と高価買取になる場合があるのでご相談ください。

 

工業用貴金属

会社や工場で使用していた電対や電子部品にも、金が使われています。
他にも金箔や金粉、様々な工業で使用する白金線やパラジウム線も中古買取の対象となります。


工場を閉鎖する際に出た工業用貴金属は捨てず、買い取ってもらうという人もいます。
当店では基本的に買取不可ですが、問い合わせしてみてください。

 

香炉

お仏壇でお香を焚く際に使う入れ物に、純金の香炉を使う宗派もあります。
仏具の中でも大切な役割なので、あまり出回ることはありません。


ただし昔に家がお寺だった場合に、たまに出てくるケースもあります。
金は古くてもその価値がさがることはありませんので、金かどうか分からない場合もお持ちください。

 

金糸

字のごとく金を糸状にしたもので、金の純度も様々あります。
例えばワイヤーとして利用するために工業用で作られたものもありますし、着物の装飾品として作られた金もあります。


和装の際に利用する金は純金の美しい金糸を使っている場合もあります。
帯締めや帯刺繍、下駄や着物の刺繍があればお持ちください。

 

金塊

金塊はインゴッドと同じ意味合いで使われることもありますが、地金とも呼ばれており貯蔵しやすいように金を固めたものです。


インゴッドのように審査を通った彫刻がされていない金塊でも、金であれば買い取ることは可能です。
昔から受け継いだものであれば一見石ころのように見える塊が、実は金塊の場合もあります。

 

金瓶・金杯

金瓶とは鉄瓶ややかんが金でできた物ということです。
金の価値もそうですが、名高い人が作った金瓶だと骨とう品としての値打ちがある物もあります。


また金杯は結婚式や記念品での貰いもので、お酒を飲む盃のことです。
他にも優勝トロフィーや舞踊の道具も金杯なので、意外と眠らせている家は多くあります。

 

金縁眼鏡

金縁眼鏡は金のメガネフレームを使用して作った眼鏡です。
実用的なアイテムですが、売ることができます。


ご年配の方は金色の金縁眼鏡を使っている方も多くいますが、金色でないから金ではないとは限りません。
ホワイトゴールドやピンクゴールドであしらったメガネフレームも当然金なので、査定できます。

 

買取について気軽にご相談ください

※何でも構いません。ご質問いただければ迅速に対応致します。

discount2.png

フリーダイヤル→0120-867-928お気軽にお問い合わせください!

もしフリーダイヤルが使えない場合は
011-867-9286までお電話ください。
※電話番号をタップすると発信します


札幌市内・近郊の無料査定・出張買取行っております。お気軽にお問い合わせください。

出張買取エリア(札幌・恵庭・北広島)

札幌市中央区・北区・東区・白石区・厚別区・豊平区・清田区・南区・西区・手稲区などの札幌全域。その他にも恵庭,北広島まで幅広く対応しています。


人気記事

ご挨拶

「あなたの商品に新たな出会いを!」
あなたの家で眠っているお酒や使っていないブランド品等を探している人へお届けをお手伝いします。

店長 佐藤史章


© 2018 札幌の高価買取・出張査定専門店-大吉 白石栄通店 All rights reserved.